循環器内科

循環器内科

総合的な視野で循環器内科診療を行います

循環器内科では、主に狭心症、心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症、心筋症、心不全などの心臓に関わる疾患や、大動脈、肺動脈、末梢動脈などの血管に関わる疾患の治療を行っております。カテーテル治療、アブレーション、弁膜症などの手術後の外来管理もお任せください。

日常生活の中で、胸痛、動悸、脈の乱れ、息切れ、むくみ、失神といった症状がある場合はご相談ください。また心臓だけでなく動脈硬化に心配な方もお気軽にご相談ください。

●どんな症状でお困りですか?
血圧が高い  心電図異常を指摘された  胸が痛い(胸痛)  ドキドキする(動悸)  脈が乱れる
息切れがする  足がむくむ  歩くと足が痛くなる  失神した

●代表的な疾患例
・高血圧
・狭心症
・心筋梗塞
・不整脈(心房細動、期外収縮など)
・弁膜症(大動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症など)
・心不全
・先天性心疾患(心房中隔欠損症、心室中隔欠損症など)
・大動脈瘤
・大動脈解離
・閉塞性動脈硬化症

●当院で可能な検査
・心電図
・ホルター心電図
・超音波検査
・脈波検査
・レントゲン検査


<高血圧について>
高血圧症は脳心血管病の最大の危険因子です。この脳心血管病は、癌とほぼ同程度の死亡原因となっており、血圧の十分なコントロールが求められております。血圧高値でも症状はほとんど認めません。しかし高血圧は危険因子ということだけでなく、何か他の原因による血圧高値(二次性高血圧)の場合もあります。
まずは家庭血圧を記録し、塩分制限などの生活習慣を指導しながら、二次性高血圧の有無を評価していきます。そして必要に応じて薬物療法を行います。
10年、20年、30年後を見据えて、脳心血管病のリスクを減らしていけるよう、一緒に頑張りましょう。

●家庭血圧の自己測定の推奨
・上腕での測定:静かで適温の環境、1~2分の安静後、左右差がなければ、利き手の反対側
・朝(朝食前、排尿後)、就寝前の2機会に測定:1機会につき2回測定
・可能な限り長期期間測定し、血圧手帳などに記録

●二次性高血圧の評価
原発性アルドステロン症、甲状腺疾患、副腎疾患、褐色細胞腫、睡眠時無呼吸症候群などの原因がないか検査をします。

・病歴聴取、身体所見
・血液検査:朝食をとらずに空腹のまま来院して頂き、30分程度臥位で安静にして頂きます。そして臥位のままホルモン値のなどの血液を採取します。(食事、体勢により影響が出る項目があるため)
・尿検査
・超音波検査
・脈波検査
・簡易睡眠ポリグラフィー